本文へスキップ

愛のあるまち 愛のつくられてゆくまち

TEL.0561-54-4540

〒488-0074 愛知県尾張旭市新居町明才切57番地

ボランティアセンター

ボランティアサロン・講座

 ボランティアに関するイベントや講座を実施しています。これからボランティアを始めたいかたや、仲間づくりをしたいかたも気軽にご参加ください。  




ボランティア養成講座 ※お申し込みは社会福祉協議会0561-54-4540

 
  •  クッキングボランティア講座〜家事場のちから〜を開催しました
     3月4日(月)・11日(月)・18日(月)の全3回、平成30年度クッキングボランティア講座〜家事場のちから〜を開催し、市内在住の10人が参加されました。
     講師として、名古屋学芸大学管理栄養学部管理栄養学科の塚原丘美教授、内田かおり助手をお招きし、第1回は「サルコペニア」「筋肉」「たんぱく質」をキーワードに講義を、 第2回は講義を踏まえて1食でたんぱく質が25g摂れるお弁当の献立作りを、第3回では、第2回で考案したお弁当の献立で調理実習を行いました。
     また、市内でボランティア給食サービスに長年取り組まれているボランティアグループくすの木会会員の皆さんにご協力いただき、日頃のボランティア活動をご報告いただきました。
  •  男性7人がはじめの一歩

     2月6日(水)〜3月20日(水)のうち全7回、男性のためのボランティア学校を開催し、市内在住の男性7人が参加されました。
     講師として、愛知県立大学教育福祉学部の松宮朝准教授をはじめ、市内で活躍するボランティアグループを招きました。
     内容は盛りだくさんで、「今だから必要な男性の地域貢献」をテーマとした講演会ではじまり、点字入り名刺づくりや要約筆記のミニボードづくりにも挑戦。
     また、男の料理教室や知多市のボランティア団体を視察する修学旅行もあり、参加者に様々な形で地域貢献できるボランティアのやりがいや楽しさを実感しました。
     今後は、昨年度のボランティア学校卒業生で発足した「男性ボランティア活動研究会」への加入も呼びかけ、ボランティアセンターが力を合わせて、 尾張旭市における男性のボランティア活動への参加促進を図っていきます。
         ▲画像をクリックすると大きくみられます。
  •  災害ボランティアコーディネーター養成講座を開催しました

     1月27日(日)に平成30年度災害ボランティアコーディネーター養成講座を開催しました。
     当日は、講師の認定NPO法人レスキューストックヤード常務理事浦野愛氏にご指導いただき、52人の参加者が「災害ボランティアセンターの役割と基礎知識」について学ばれました。 また、災害ボランティアコーディネーター尾張旭の協力による、簡単にできる非常食作りの実演や、本番さながらのボランティアセンター受付模擬演習を体験いただき、災害時でもできる「工夫」 やボランティアセンターの仕組みについても参加者全員で考える良い機会となりました。
     今後も、いつか災害が発生した時にボランティア活動が迅速かつ円滑に行われ、被災地の速やかな自立支援ができるよう災害ボランティアコーディネーターを養成していきます。



ボランティアサロン  ※お申し込みは渋川ボランティアセンター0561-51-5535

 ボランティア活動に興味をお持ちのかた、活動されているかたを対象に毎月1回開催しています。

  •  「年度末です!ご相談ください」簡単な収支決算書づくり
     3月5日(火)に渋川福祉センターボランティア室で3月ボランティアサロン「年度末です!ご相談ください」簡単な収支決算書づくりを開催し、ボランティア団体で会計係を担う、3名のボランティアのかたに参加いただきました。
     今回は、社協の経理担当職員が講師となり、ボランティア団体の運営におけるお金の管理や会計に必要な書類・会計用語についての説明があり、その後は、個別の質問や相談に応じる形で、進められました。参加者の皆さんからは、「この科目は?」「今更聞けないことが解決して良かった。」等、実際に会計を担当して感じた疑問が解消でき、今後の活動に活かしていただけるサロンとなりました。
     来月のサロンも、たくさんのかたの参加をお待ちしています。

  •  ぐっすり眠れる 肩こり解消筋膜ケア
     2月18日(月)に渋川福祉センターくすのきホールで2月ボランティアサロンを開催しました。 「ぐっすり眠れる肩こり解消筋膜ケア」をテーマに講師の長谷川圭亮さんから、筋肉周りの筋膜を動かす方法や生活習慣に運動を取り入れるコツなどを教えていただきました。
      参加者の皆さんは終始笑顔で、「肩が軽くなった」「今後も実践していきたい」などの感想をいただきました。
     来月のサロンも、たくさんのかたの参加をお待ちしています。


  •  あなたの声でボランティア
     1月15日(火)に渋川福祉センターボランティア室・録音室で1月ボランティアサロンを開催しました。音訳グループ あけぼの会を講師に迎え、「あなたの声でボランティア」をテーマに音訳体験をしました。 参加された皆さんからは「興味のあった音訳が体験できてよかった」、「私の声がお役にたてたら嬉しい」等の感想をいただき、聞き取りやすい話し方を再確認するサロンとなりました。
     来月のサロンも、たくさんのかたの参加をお待ちしています。



  •  和紙のくるみ絵づくり 〜干支のミニ色紙〜
     12月6日(木)に渋川福祉センター小会議室で12月ボランティアサロンを開催しました。
      参加者を募集するとすぐに定員に達する、この時期恒例の人気のボランティアサロンです。いつも変わらない優しく丁寧な講師の指導に、参加者のかたたちも楽しみながら、来年の干支である亥(いのしし)のミニ色紙を完成させました。
     参加者のかたたちは、出来上がりに大変満足され「来年も良い年が迎えられます」との感想をいただきました。
     来月のサロンも、たくさんのかたの参加をお待ちしています。


  •  クリスマス折り紙 〜ツリー飾りを作ろう〜
     11月16日(金)に渋川福祉センターボランティア室で11月ボランティアサロンを開催しました。
     当日は8人のかたが参加され、「クリスマス折り紙〜ツリー飾りを作ろう〜」をテーマに、折り紙の体験をしていただきました。
     講師の折り紙の輪の皆さんには、優しく丁寧に対応いただき、参加者の皆さんからは、「反対に折ってしまったので、完成させるのが難しかったけど、楽しかった」「自宅に飾ったり、家族にプレゼントしたい」等の感想をいただきながら、楽しく作品を作ることが出来ました。
     来月のサロンも、たくさんのかたの参加をお待ちしています。
  •  野菜をおいしくたべましょう

     10月30日(火)に渋川福祉センターボランティア室で10月ボランティアサロンを開催しました。
     講師の尾張旭市健康づくり食生活改善協議会の皆さんより、ケークサレや五色ピクルスなどを試食しながら、野菜を使ってできる減塩料理や食の健康について教えていただきました。
     参加者の皆さんからは「とても勉強になったので生活に取り入れていきたい」「ケークサレも五色ピクルスも作り置きができ、野菜をたくさん摂れて良い」等の感想をいただきました。 来月のサロンも、たくさんのかたの参加をお待ちしています。

  •  手のひらサイズの大きな思い出 Wordで豆本づくり

     9月26日(水)に渋川福祉センターボランティア室で9月ボランティアサロンを開催しました。
     当日は5人のかたが参加され、講師のパソコンサロンの皆さんに一人ひとり丁寧に対応いただき、Wordを使った素敵な豆本が出来上がりました。 参加者の皆さんからは「思い出の写真がアルバムにできて良かった」「パソコン操作を覚えられました」「孫にプレゼントします」等の感想をいただきました。
      来月のサロンも、たくさんのかたの参加をお待ちしています。

  •  ボーイスカウト体験 〜そなえよつねに、親子で防災〜
     8月27日(月)に渋川福祉センター運動室で8月ボランティアサロンを開催しました。
     ボーイスカウト尾張旭第1団を講師に迎え、「備えよつねに、親子で防災」をテーマにボーイスカウト体験をしました。 参加されたお子さんからは「とても楽しかった」、保護者からは「子どもが防災体験をする機会を探していたので嬉しい」等の感想をいただき、親子で防災を考える一助となるサロンになりました。
     来月のサロンも、たくさんのかたの参加をお待ちしています。

  •  つくろう!竹のマグカップ
     7月26日(木)に渋川福祉センター会議室で7月ボランティアサロンを開催しました。
     当日は3人のお子さんが参加され、普段使う機会が少ない、のこぎりやナイフ、ドリルを使い、竹のマグカップを作成し、物づくりの楽しさを体験していただく良い機会となりました。 講師の若杉さんにも優しく丁寧に対応いただき、参加者のお子さんからは「楽しかった」や「家族の分も作りたい」等の感想をいただきました。
     来月のサロンも、たくさんのかたの参加をお待ちしています。

  •  うたって手話!
        〜たのしく手話ソング〜
      6月7日(木)に渋川福祉センターボランティア室で6月ボランティアサロンを開催しました。
     講師の手話グループ手と手の会の皆さんに、丁寧に対応していただきながら、手話ソングの体験をしました。 参加者からは、「初めは、難しいと思ったが、楽しかった」「良い経験をすることができた」等の感想をいただきました。 手話を通じて、聴覚障がいに触れていただく良い機会となり、和気あいあいとした楽しい時間を過ごすことができました。
     来月のサロンも、たくさんのかたの参加をお待ちしています。

  •  切り絵で季節を伝えよう
     5月9日(水)に渋川福祉センターボランティア室で5月ボランティアサロンを開催しました。
     当日は8人のかたが参加され、講師の福島晴彦さんに、丁寧な説明をしていただきながら、切り絵の体験をしました。 初めは「自信がない」とおっしゃっていた参加者も、3つ目の作品を作り上げる頃にはコツをつかみ、その出来上がりに大変満足されていました。 お互いの作品を褒め合う様子も見られ、とても楽しい時間となりました。
     来月のサロンも、たくさんのかたの参加をお待ちしています。

  •  整膚 〜皮膚をひっぱって美肌に〜
     4月17日(火)に渋川福祉センターボランティア室で4月ボランティアサロンを開催しました。
     当日は9人のかたが参加され、「整膚〜皮膚をひっぱって美肌に〜」をテーマに、講師の渡辺久子さんをはじめスタッフの皆さんに優しく丁寧に対応いただきました。
     参加者の皆さんからは、「体があたたかくなりスッキリしました」「自宅でも続けていきたい」等の感想をいただきました。
     来月のサロンも、たくさんのかたの参加をお待ちしています。