本文へスキップ

愛のあるまち 愛のつくられてゆくまち

TEL.0561-54-4540

〒488-0074 愛知県尾張旭市新居町明才切57番地

地域包括支援センター

あさひ介護者のつどい

 介護者のつどいは、バスツアーや講演会などで介護をしているかたの心身のリフレッシュのほか介護者同士の情報共有、相談の機会を提供するものです。
 介護をしながらの参加は難しいものがありますが、デイサービスなどを利用してぜひご参加ください。

<対象者>

 介護保険の要支援・要介護者を在宅で介護している市内在住の家族のかた

<お問い合わせ先>

 地域包括支援センター  п@0561−55−0654

 ※お申し込み方法は、実施日の1か月前頃にホームページ及び尾張旭市広報でお知らせします。



令和3年度あさひ介護者のつどい




令和2年度あさひ介護者のつどい開催報告


  • 第2回 座談会・健康チェック
     

     第2回介護者のつどいを3月4日に開催しました。在宅で介護しているかた男女11名が参加されました。
     中北薬品から骨ウェーブ(骨の硬さ)、ボディチェッカー(日常のストレスと血管の老化年齢)、ボディプランナー(脂肪率・筋肉量・基礎代謝・推定骨量・水分量)の健康機器を3台借りて健康チェックを行いました。 また、石鹸で手洗いをしてもらい、ブラックライトを手に当てて洗い残しがないかを確認しました。健康チェックでは実年齢より若いかたが多くみられ、在宅で介護しながら自身の健康管理もしっかりされているのがよく分かりました。 健康チェック後は3つのグループに分かれて座談会を行い、希望したかたは管理栄養士と相談されていました。
     介護者の集い後のアンケートでは「健康状態を知る機会ができて良かった。」「介護者同士で話すことができ、少しストレスが緩和されました。」「管理栄養士のかたと料理などの話が出来て楽しかった。」 「2時間あっという間に過ぎたので、このようなことがあったら参加したいと思いました。」等の感想をいただきました。
     介護者のつどいは、教室や座談会などで心身のリフレッシュのほか介護者同士の情報共有、相談の機会を提供するものです。来年度も介護者のつどいを開催する予定です。たくさんの方のご参加をお待ちしています。

  • 第1回 しめ縄作り教室

     第1回介護者のつどいを12月16日に開催しました。在宅で介護しているかた男女7名が参加されました。
     講師の森井和美さんとアシスタントの加藤幸子さんにしめ縄の飾り付けの仕方を教えていただき、実際に作ってみました。最初は苦戦する様子も見られましたが、飾り付けのポイントを教わり、みなさん綺麗に作ることができました。 しめ縄完成後、希望者は骨密度測定をしました。
     講座のアンケートでは「先生の説明が丁寧で作品も満足できました。」「自分だけのしめ縄が出来て良かったです。」「楽しかったです。」「息抜きの時間ができました。」等の感想をいただきました。
     介護者のつどいは、バスツアーや教室などで心身のリフレッシュのほか介護者同士の情報共有、相談の機会を提供するものです。
     次回の介護者のつどいもたくさんの方のご参加をお待ちしています。